たつの子日誌

令和5年度 日々のできごと

運動会は4日(日)に延期しました

台風接近による雨が降り続いています。

残念ですが3日(土)の運動会は4日(日)に延期としました。

保護者には、「スマホで連絡とれ~る」にてお知らせしましたので、ご確認ください。

子どもたちが、3日はしっかり休み、4日に元気に運動会ができますよう、体調管理をよろしくお願いいたします。

(看板や用具も準備万端、出番を待つばかりです。)

 

運動会「晴れますように!」総仕上げの日

今週末に迫った運動会ですが、台風の接近に伴う雨の影響が心配されます。

学校内の至る所に「てるてる坊主」がつるされていて、子どもたちの気持ちがひしひしと伝わってきます。

明日の予報は雨、今日は最後の仕上げに熱が入っていました。

  

    

自然界にとっては、雨は欠かせないものです。2年生のトマト、たひみ級のナスの苗がぐんぐん育ち、花を咲かせています。

  

座間花卉組合からいただいた、ベゴニアやブルーサルビアも生き生きと咲いています。

花壇前を通って帰る1年生が「きれいだね~」とさっそく気づいていました。

 運動会実施について変更がある場合は、保護者配信LINE「スマホで連絡とれ~る」やホームページでお伝えします。

3年 道徳「心の優先席」

3年生が道徳の授業で、優先席(きまり)の意義と実際の場面での行動について考えていました。

「優先席はだれのためにあるのでしょうか」の問いに「病気やケガの人、お腹に赤ちゃんがいる人、お年寄り…」しっかりと理解していました。

  

教材文を読み、子どもたちが電車で遭遇したおばあさんに、誰がどのように席を譲ると良いのかを考えます。

3年生の子どもたちは譲った経験も譲られた経験もあるようで、自分の経験も踏まえながらさまざまな考えを出し合い、皆で考えることができました。

  

優先席という決まった席(きまり)があるのは、思いやりの表れであること、優先席がなくても思いやりを行動にうつすことができること等を考えられたようです。どの子も自分の考えを持ち、伝えることができる素直で活発な3年生でした。

さまざまな場面で、今日学んだことが行動につながっていきますように。

全校朝会「平和について考えよう」

今日は全校朝会を行いました。

体育館に3・4年生が集まり、他の学年は教室からリモートで参加しました。

校長講話は「平和について」です。

      

先日開かれた「G7広島サミット」や長引くロシアのウクライナ侵攻などを話題にしながら、平和の尊さ、そして世界が平和に向け話し合いを重ねていることを伝えました。

  

日々の生活も、話し合うことや互いの立場や気持ちを認め合うことが大切であること、そういった力が平和を創る力につながっていることを伝えました。子どもたちはそれぞれの年齢に合わせ、理解し受け止めていたように思います。

最後に1冊、本の紹介もしました。校長室前に今日の資料とともに展示しています。

朝会のあとは、何人もの子どもたちが手にとって読んでいました。

5年 学級活動「ほめ方の十人十色~ほめ上手・ほめられ上手になろう~」

誰でも,ほめられたらうれしい。

でも高学年の子どもたちは恥ずかしさもあり、場面や内容そして一人ひとりが嬉しいほめられ方が違うようです。

どんな時どんなほめられ方をされたうれしいのか、自分ついて考えたり、友だちと伝え合ったりしました。

   

1学期は学級の基盤を作る時です。

相手の良さや素晴らしさを見逃さず、承認し合うことは「みんなが安心して居心地よく生活できる学級」の基盤です。

相手を受け止め、ほめることを笑顔で実践している、あたたかな授業でした。日々の生活の中での実践をめざします。